押田公認会計士事務所の「10」の基本行動指針

基本行動指針とは?

基本行動指針とは、経営計画書の中の方針書の部分に当ります。

経営理念を実現するためには、「なぜ人は働くのか」、「何のために仕事をするのか」

といった問いに対して、社長はもちろんですが、全従業員が答えられなければいけません。

 

その問いに対する答えは、

「人間性を高め、人から感謝される生き方をすること」

をすることで答えが見えてくるものではないでしょうか。

 

人間性を高めるためには基本的な行動指針が必要です。

 

全社員で取り組む「10」の基本行動指針

1.志を高くもつ

(会社は人間性を高める場所、目標を持って生きる)

 

2.愚かなほど素直に実践する(愚直)

(目標を成し遂げれるかどうかは、結局はやるかやらないかです。「やる」とは愚直な実践をすることです。出来ない理由を探すのではなく、目の前のことを愚直に実践することです。)

 

3.原理原則に従って物事の本質を見抜く姿勢を持つ

( 常に何が正しいかを考える。ものの本質を見る目を養って下さい。目的から物事を考えて下さい。何が大事で何が小事か判断して行動して下さい)

 

4.うそをつかない

( 正直な仕事をする。失敗・ミスはつきものです。しかし、常にお客様にも仲間にも正直に報告し、誠実に対応しましょう。正直が最高の解決策です)

 

5.モノを大切にする

もったいないという生き方をする。常に回りを、自分をチェックして下さい。意識することが大切。鍵山先生の「一日一話」をよく読むこと)

 

6.約束を守る

( 報・連・相を必ず行う。報・連・相は信頼の行動。いくら仕事が出来ても報・連・相のない人は信頼されない。報・連・相は人と人とをつなぐ信頼の架け橋)

 

7.ありがとうを言う

( どんな小さな事でもお礼を言う。ありがとうは日本で一番美しい言葉。ありがとうは相手を元気づける最高の言葉。ありがとうは自分を高める一番大切な感謝の言葉。ありがとうの反対語は「当たり前」。今あることが難しいと書いて有難うなのです。)

 

8.本気で物事に取り組む

( 本気でやればたいがいはできます。全力で努力をすると今まで以上の力がつきます。自信もつきます。「これぐらいでいいか」の姿勢からは感動は生まれません。真心から出た言葉は相手の心をも動かせます。)

 

9.言い訳をしない

( 言い訳をしない。無いものねだりをしない。なければ頭を使う。言い訳はすればするほど自分をみじめにします。失敗すれば言い訳をせずに考える。「なぜなぜなぜ?」を追求して次の行動へつなげる。)

 

10.謙虚さを忘れないこと

( 自社の商品に自信を持つことと、自らの謙虚さを保つことを混同してはいけません。世の中には自分より上の人が山ほどいます。本などを読み、常に謙虚でいることを心掛けてください。)

 

 

お気軽にお問い合わせください TEL 078-351-2577  お電話での受付:平日9時半-18時
神戸市中央区橘通3丁目2-3 高山ビル3階

税理士・公認会計士の押田大輔です。 「数値と想いで未来を実現する!」を経営ビジョンとし、地元神戸市を中心に活動しています。

探したいキーワードを入力してください

PAGETOP