お役立ち情報~コラム・ブログ~

資金調達

金融機関の支店長、担当者が変わったら(2022年4月10日)

ご存知でしょうか? 金融機関の人事異動は急なため、細かい引継ぎはできていません… 皆様の取引している金融機関の人事異動も、4 月、10 月がほとんど。また人事異動は通常3 年前後と、とても早いサイクルです。皆様にとっては …

約束手形を 振り出している企業はご注意(2022年3月10日)

おはようございます。 約束手形は今後なくなるといわれています。現在、手形を振り出している会社は注意が必要です。 約束手形がなくなるって、ほんと!? 日本では馴染み深い約束手形、手元に現金がないときに支払いを猶予してもらい …

表面金利と実質金利(2022年1月10日)

おはようございます。 神戸の押田公認会計士事務所です。 今回のテーマは「表面金利と実質金利」についてです。  会社が借入をする際に、どうしても一番気になってしまうのが金利だと思います。昨今、貸出金利の低下により、会社とし …

取引金融機関を増やす時の対応(2021年11月10日)

おはようございます。神戸の押田公認会計士事務所です。 今回は、取引金融機関を増やす場合の対応方法や金融機関側の考えている事等に関してご紹介します。 預金取引開始の場合 預金口座を開設する際には、原則店頭では口座開設できな …

融資の申し込み金融機関は、どこにすべきか?(2018年11月30日)

おはようございます。押田公認会計士事務所です。 今日は、「融資の申し込み金融機関は?」についてです。   取引する金融機関(銀行・信用金庫・信用組合・政府系金融機関)の数については、一つに絞られている会社もあれ …

目標預金残高を意識すれば資金繰りが改善されていきます(2018年10月31日)

おはようございます。押田公認会計士事務所です。 今日は「目標預金残高」についてです。   企業は赤字だから倒産するのではない 4月9日に東京商工リサーチより、「2017年倒産企業の財務データ分析調査」が公表されました。そ …

銀行員が粉飾決算を見抜く方法(2018年8月28日)

おはようございます。押田公認会計士事務所です。 今日は銀行員による粉飾決算の見抜き方についてです。   旅行会社「てるみくらぶ」が虚偽の決算書類を作成し、銀行から融資名目で現金約2億円をだまし取ったとして、詐欺などの疑い …

決算書に添付するべき資料とは? ~銀行員が決算書をどう見ているか~

おはようございます。神戸の税理士・公認会計士・農業経営アドバイザーの押田大輔です。 今日のコラムは決算書についてです。 決算書の受け渡しは、お互いに緊張する場面 決算書というのは会社の通信簿のようなものです。 おそらく銀 …

取引銀行を増やすための順序(2018年3月23日)

おはようございます。神戸の税理士・公認会計士・農業経営アドバイザーの押田大輔です。 今回は取引銀行を増やす順序についてのご案内です。 新しい銀行と取引を開始するにはどうしたら良いのでしょうか? 多くの方がいきなり銀行の窓 …

銀行員に好かれる社長、嫌われる社長(2017年12月1日)

おはようございます。神戸の税理士・公認会計士・農業経営アドバイザーの押田大輔です。 今回は銀行員からみた社長の見方についてです。 M銀行、Y銀行、J信用金庫、JH信用金庫、A信用金庫、S信用金庫の元営業マンに、「銀行員の …

1 2 »
税理士・公認会計士の押田大輔です。 「数値と想いで未来を実現する!」を経営ビジョンとし、地元神戸市を中心に活動しています。

探したいキーワードを入力してください

PAGETOP