Pocket

おはようございます。
神戸を中心に活動している公認会計士の押田大輔です。
いつもコラムをお読み頂き、ありがとうございます。

ここ1週間で朝晩の気温がグッと下がりました。

私の周りにも体調崩している人が多いです。

年末に向けて忙しくなると思います。皆様も健康管理には気を付けて下さい。

 

今日は経営理念について考えます。

 

経営理念とは?

前回のコラムでビジョンのことについて触れました。

http://oshida-cpa-office.com/management-plan/syain-20151026/

 

今日は経営理念についてです。

ビジョンと経営理念は厳密には違います。

 

違いを簡単に説明すると、

ビジョンは「私はこうありたい、こうしたい」という未来の姿を表すものです。

旭山動物園は「こんな動物園にしたい」と、ビジョンを絵に描いています。

未来の姿がビジョンです。

 

一方、経営理念とは「私は何のために仕事をするのか」といった目的や価値観のことをいいます。

経営理念に従って行動した結果、ビジョンが達成できるのです。

 

ビジョンは目指している姿、経営理念はビジョンを達成するための行動指針(価値観)のことです。

 

違いを理解することは重要ではありませんが、それぞれの意味はそういったことです。

 

重要なのは次からです。

 

 

なぜ経営理念が浸透しないのか?

経営理念はめちゃくちゃ重要です。なくてはならないものです。

なぜなら、「何のために仕事をするのか?」という価値観を示すものだからです。

 

一方、経営理念は作るだけでは意味がありません。

立派な経営理念を掲げていても、全従業員がその意味を理解して共感しなければ、全く無意味です。

 

 

しかし、現実には理念の共有はできていないのではいでしょうか?

もしくは経営理念がないという会社もあるのではないでしょうか。

 

せっかく作った経営理念はなぜ従業員に浸透しないのか?

 

理由は簡単です。

 

従業員に数値目標ばかりを押しつけているからです。

 

おいしい豆腐で有名な相模屋さんの従業員は、以前は豆腐のことを「白い物体」としか捉えていなかったそうです。

豆腐=「利益を生む白い物体」だったそうです。

そんな中で従業員のモチベーションが上がる訳ありませんよね。

 

いまでは「美味しい豆腐を作る」という思いをすべての従業員で共有しているそうです。

 

まとめ

あなたの会社の従業員は経営理念を理解していますか?

 

経営理念は全従業員が共感していますか??

 

数値目標の強要だけしていませんか???

 

Pocket